マンモス展2019福岡の混雑状況やグッズは?見どころや感想も紹介

アート
Sponsored Links

東京の日本科学未来館で開催され大好評だった「マンモス展」が、11/23(土)より福岡市中央区にある福岡市科学館で開催されます。「ユカギルマンモス」やロシアの永久凍土から発掘された貴重な標本が多数展示されるということで大変話題になっていますね。

東京では5ヵ月間の開催で入場者数が27万人を突破しており、特に夏休み中は大変な混雑状況だったようですので福岡でのマンモス展でも同様の混雑状況が予想されます。でも激込みの展覧会ってホントに疲れるんですよね!入場前も、そして会場に入ってからも長蛇の列なんてことになったら、見終わる頃にはホントにグッタリしてしまいます。

できるだけゆっくりと鑑賞できるようにしっかり調べておく必要がありますので、事前に混雑状況や待ち時間をチェックする方法を紹介します。そしてマンモス展で話題になっているグッズや見どころ、感想についても調べましたので、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

「マンモス展」の概要

「マンモス展」の九州展は11月23日より、福岡市中央区にある「福岡市科学館」にて開催されています。会期は2020年2月23日(日)まで。
開館時間:9:30~18:00(入場は閉場の30分前まで)
休館日:毎週火曜日・年末年始(12/28-1/1)
※12月24日と2月11日は開館、2月12日は休館になりますのでご注意を!
当日券の料金は
一般:1,200円
高大生:1,000円
中学生以下4歳以上:500円
となっています。
福岡市科学館へのアクセス・地図・駐車場情報はこちらをご確認ください。
福岡市科学館ホームページ アクセスガイド

マンモス展の混雑状況はどのくらい?話題のグッズは?

話題の「マンモス展」ですが平日午前中であればゆったり鑑賞できるはず。しかしどうしても休日や夕方以降でなければ時間が取れないという方も多いかと思います。

混雑状況や入場までの待ち時間は「マンモス展」の公式サイトや、公式ツィッターに掲載される場合がありますので確認しておくのがいいと思います。また、「マンモス展 混雑 OR 混み OR 待ち」などのキーワードでツイッター検索をしておくと情報が出てくる場合がありますので、お出かけ前にチェックしておくようにしてください。

一般の方のツイッター情報はこちらからも確認できますよ(マンモス展の混雑状況に関するツイートが確認できます)

また、こちらのGoogleマップからも混雑状況などを確認することができます。マンモス展ではなく、福岡市科学館全体の混雑状況になりますが、曜日や時間帯ごとの目安が確認できるのでこちらも参考にしてください。

また、マンモス展での記念グッズがツイッター上でも話題になっていますのでいくつかご紹介いたします。

こちらの公式サイトでも記念グッズの一覧が確認できますよ
これはグッズ目当てにでも行く価値がありそうですねwww

マンモス展の見どころや感想は?

マンモス展は以下の構成で展示されています。
——-
プロローグ
Tales of Mammoth 1 マンモス、太古の記憶
Tales of Mammoth 2 永久凍土で待つもの
Tales of Mammoth 3 その「生命」は蘇るのか
——-

ロシアの永久凍土から発掘された世界初公開を含む数々の古代の動物たちの冷凍標本の展示と、世界各国で研究が進む「マンモス復活プロジェクト」についてなど、見どころがたくさんあります。

また、マンモス展の展示を監修した野尻湖ナウマンゾウ博物館館長、近藤 洋一氏が見どころについて語っているインタビュー記事がありましたのでこちらもご紹介いたします。
ナショナル・ジオグラフィックス「マンモス展、ここが面白い」監修者が解説

まとめ

今回は『マンモス展2019福岡の混雑状況やグッズは?見どころや感想も紹介』という内容でお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?子供から大人まで楽しめる展示内容となっていますが、なにより映画のジュラシックパークのように、ホントにマンモスが復活するのかもって思うと、すごくワクワクしてきますね!これから行きまーすという方は、ゆっくりと観覧できるよう、ぜひこの記事を活用してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました