ふたご座流星群2019千葉から見える方角は?ピークの時間はいつ?

天体
Sponsored Links

朝夕がだいぶ涼しくなる季節になりました。

もう今年も残り2ヵ月となりましたが、12月になれば天体ファンの方であればおなじみの「ふたご座流星群」がやってきます。今から楽しみにしている方も多いと思います。

2019年のふたご座流星群は12月15日の4時頃が極大になると予想されています。家族で見に行ったり、カップルで出かけたり、みなさんはどのように計画を立てていますか?

寝そべって満点の星空を見上げるだけでとても心が洗われた気持ちになります。日常とは違うひと時を過ごす大切な思い出となりますので、出かける前に今年の観測条件はどうなのか?見える方角とピークになる時間は何時頃なのか?について事前に知らべて準備を万端にしておきたいですね。

そこで今回は『ふたご座流星群2019千葉から見える方角は?ピークの時間はいつ?』ということで、ふたご座流星群の千葉から見える方角とピークの時間はいつになるのかについて調べた内容をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

Sponsored Links

ふたご座流星群の概要

さて、ここで「ふたご座流星群」について解説させていただきます。

ふたご座流星群というのは、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」とならぶ三大流星群の中の一つ。毎年ほぼ一定して多くの流星が見られるという点では年間最大の流星群と言えます。

ふたご座の方角から放射されるように見える流星群であるため、このような名前がついています。良い条件で観測できれば1時間で40~60個ほどの流星を見ることもできるとのこと。

先ほどお伝えしたように2019年のふたご座流星群は12月15日4時頃が極大になると予想されており、ちょうど日曜日なので子どもや家族で見に行きたいと考えている方も予定が立てやすいと思います。

 

↓こちらはYouTubeに投稿されていた2018年のふたご座流星群の動画です。

2018年ふたご座流星群 火球出現

千葉から見える方角は?

流星の出現する方角は「どの方角でもみえる」という事になります。しかし今年は下弦前の明るい月が一晩中夜空を照らしているため観測の条件はよくありません。

月明かりが暗い流星を隠してしまうため、月の影響がない年に比べると見ることのできる流星の数は大きく減ってしまいます。

 

2019年の場合は、月対策が流星を少しでも多く見るポイントになります。見える方向という意味では、「月本体が視界に入らない方向で、市街地ではない方向」をみるのがポイントになります。

ピークの時間はいつ?

2019年のふたご座流星群は12月15日の未明の4時頃が極大になると予想されています。(「極大」というのは流星群の活動が最も活発になること)

夜20時頃から流星が見え始め、本格的な出現は22時頃から。真夜中を過ぎた頃に最も流星の数が多くなり、明け方5時頃まで出現が続く見込みです。

 

ツイッターに昨年のふたご座流星群の情報が多数あがっていましたのでいくつかご紹介いたします。

「流れ星が流れる間に願い事を3回唱えることができれば願いが叶う」とは昔からよく言われる言葉ですが、実際は流星はほんの一瞬しか見える事が出来ず、大体は1秒にも満たない時間で消えてしまいます。

3回願い事を唱えるのは難しいかもしれませんが、流星群の観測は楽しんで行きたいですね。

まとめ

今回は『ふたご座流星群2019千葉から見える方角は?ピークの時間はいつ?』ということで、ふたご座流星群の千葉から見える方角とピークの時間はいつになるのかについて調べた内容をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

見える方角は、「月本体が視界に入らない方向で、市街地ではない方向」を見るというのがポイント。

ピークの時間は12月15日の未明の4時頃ですが、前日夜20時頃から流星が見え始め、本格的な出現は22時頃から。真夜中を過ぎた頃に最も流星の数が多くなり、明け方5時頃まで出現が続く見込みということになります。

 

そして一番注意していただきたいのが、この時期は大変寒い季節なのでしっかり寒さ対策を行うという事。市街地から離れた場所での観測になると思いますが、夜間はシャレにならないほど寒くなりますので防寒準備をしっかりしておきましょう。暖かい飲み物を用意しておくこともおすすめします。

また、車で移動する場合は路面の凍結にも注意。深夜の観測なので事故に遭わないように十分に注意して天体観測を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました